2016年05月23日

救済馬券セオリー2を発売しました。

藤崎優哉氏の救済馬券セオリー2を発売しました。

http://keiba.ioiv.net/

この商材は、インフォトップではあまり売れていませんが、インフォポイントで売れていました。

ランキング3位に入るなど、情報の売れ行きですが、少々面白い意見を頂きましたので、ご紹介します。


「この作者は、競馬が当たらないから、サラリーマンが本業」


・・・・

なるほどと思う内容です。

販売ページに書かれておりますが、藤崎氏は、極度の競馬中毒でした。

その経験があるから、今があるわけですが、このご意見は、競馬だけで生きていけるのかということかと思います。


藤崎優哉氏に意見を求めましたが、それは無理との回答でした。


競馬で生活費を稼ぐことができないということではありません。

回収率150%ですので、数字的に考えれば、生活費を稼ぐことはできます。


しかし、当たらなければ生活ができないというプレッシャーの中で買う馬券と、娯楽として楽しむ馬券では意味が違います。


ハズレたら食べるものが無い、家賃が払えない、これ以上は借金もできない。

この状態で買う馬券や予想が正常なわけがありません。


娯楽として、楽しむ馬券であれば、万馬券を素直に喜ぶことができます。


販売ページの最後の藤崎優哉のメッセージがありますが、そこにも「競馬を楽しんでほしい」と書かれています。

藤崎氏は競馬を楽しんでいます。


楽しむためには何か必要でしょうか?

それは、当たることです。


ある1日の競馬の収支が書かれていますが、全て高配当を当てているわけではありません。

当ててもマイナスのレースもあり、大きく当てたレースもあります。


この結果がこの商材だと思います。


的確に当たるレースを絞込み、硬く収まった場合には、マイナスになることでしょう。

しかし、トータルでプラスにすることで、正に競馬を楽しむことができるわけです。


彼の投入金額は、1点100円で1レースに2,000円から、4000円程度です。

1日に3レースですので、合計で1万円程度です。



3レースに1回、つまり1日に1回、万馬券が的中すれば、プラスになります。

三連複の平均配当は、2万円以上ありますので、プラスにすることは難しいことではありません。


確実に当てることができれば、競馬は楽しくなりますし、お金も増えていきます。

娯楽として、競馬を楽しみたいという方は、セオリーを使って稼いで下さい。

http://keiba.ioiv.net/


もし、競馬だけで生活したいと思われているなら、それはギャンブルではなく、仕事です。

新聞記者や競馬関係者になることをおススメします。
posted by 外資系マーケッター金泉勇次 at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ネットビジネスを本気で考えているならご登録下さい。無料メール講座です。
メールアドレス:
特定電子メール法に準拠した無料講座.jpがご提供する無料メール講座です。

最近の記事