2018年03月24日

貴乃花部屋の暴力事件はハメられたと見るのが妥当だろう


さて、日馬富士の暴力事件から、それが飛び火して、
貴乃花部屋の貴公俊が付け人を殴ったとされる事件で、
ブーメランなどと揶揄する人もいる。

常識的に考えて、この手のことはいつでも行われていることであり、
先輩が後輩をど突くなど日常的なことなのだと思う。

いうなれば、浜田が松本のおでこを叩く程度のことなのだろう。

稽古場や支度部屋では、日常的な光景であり、
誰も止めることもなければ、驚きもしないだろう。

この事件だけにかかわらず、相撲では暴力事件が頻発している。


普通に考えれば、自分の師匠がトラブルの渦中にいるにも関わらず、
日常的に暴力を振るうことは考えられない。


報道されている内容では、付け人がで出番を伝えるのが遅れたため、
貴公俊関が怒って殴ったと言われている。

しかし、それ以上の事実は伝わってこない。

【なぜ伝えるのが遅れたのか?】

そのことについて、掘り下げた話を見たことが無い。


本来の2人のはずの付け人が1人しかおらず、
不足していたということは言われている。

たったそれだけの理由で指示が遅れたのだろうか?

何か他にやるべきことがあったか、
何かしらの妨害があったなど、
理由がなければ、大事だ出番を忘れることなどないだろう。

ボケっとしていたなどという理由は考えにくい。
体調が悪くトイレにでも言っていたか?

何かしらのトラブルがあったのではないかと考えるのが妥当だろう。
普通に考えれば、ハメられたということだろう。


2人ではそうカンタンではないが、
付け人が1人しかいない状況であれば、
少しの妨害工作でいともカンタンにトラブルを起こせる。

冒頭に書いたように控え部屋での暴力を日常的に見ていれば、
トラブル時に付け人を小突くなど当たり前に行われることだろう。

そういうシナリオで、この事件が起きたのであれば、
角界の闇という意味でも納得できる。

とは言っても、小突いた程度でも暴力事件であり、
それを取り上げられた以上は、敗北宣言しかない。

脇が甘いと言われれば、それまでだが、
これで、年寄会も安泰というところだろう。


各所で貴乃花を叩く記事が見受けられるが、
日馬富士の事件と今回の事件はレベルが違う。

暴力を目的に呼び出して、ボコボコにしたのと
控室での弟弟子を小突いたレベルであり、
殺人事件と万引きほどの差があることは言うまでもない


ヤフコメでは、貴乃花バッシングが流行しており、
擁護しようものなら、叩かれまくる。

擁護している方が正論を書いていると思うのは私だけではないだろう。

少なくとも日馬富士との比較はレベルが違う。

こういった人たちも角界のアルバイトなのかと疑ってしまう(笑)

どこの世界も闇だな・・・
posted by 外資系マーケッター金泉勇次 at 16:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ネットビジネスを本気で考えているならご登録下さい。無料メール講座です。
メールアドレス:
特定電子メール法に準拠した無料講座.jpがご提供する無料メール講座です。

最近の記事